平成29年6月1日  リコールの届出について(マツダ RX-8)

リコール届出番号 4045
リコール開始日 平成29年6月2日

不具合の部位(部品名)
① 燃料装置(燃料ポンプ)
② 前輪緩衝装置(ロアアーム)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
① 燃料ポンプにおいて、樹脂製パイプ部の耐久性が不足しているため、パイプ内を流れる燃料の圧力と、エンジンや排気管からの熱影響を受けて当該パイプが劣化することがある。
そのため、そのまま使用を続けると劣化が進行して、パイプに亀裂が入り燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
② フロントサスペンションにおいて、ロアアームのボールジョイントの製造工程が不適切なため、ボールジョイントソケット部に亀裂が発生しているものがある。
そのため、走行中に大きな衝撃が加わると、ボールジョイントソケット部からボールジョイントが外れ、最悪の場合、走行不能になるおそれがある。

詳しくは国土交通省ホームページで
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002638.html

外車レンタカー


廃車・不要車の引き取り買取

■1992年以前のデリカ・スターワゴンの買取を行っています
デリカ買取


後世へ継承、ヘリテージ・カー、ヴィンテージーカー、クラシックカーの海外オークション落札価格と出品予定車両状況を掲載

≪落札価格と出品予定車両≫

アメリカ車 : イタリア車 : イギリス車 : フランス車

ドイツ車 : 外国車その他 : 日本車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です