観光拠点情報・交流施設への支援を開始、【二次募集】

観光庁は、平成29年1月13日より、「観光拠点情報・交流施設(※)」の整備・改良、設備の設置等の経費の一部を補助する「訪日外国人旅行者受入基盤整備・加速化事業費補助金(観光拠点情報・交流施設)」の二次募集を開始します。
(※)「観光拠点情報・交流施設」とは、観光拠点(地域の観光名所)に関する情報提供や、観光拠点に関連した観光サービスのための交流機会(体験・学習等)の提供を行う施設であって、訪日外国人旅行者を含む不特定多数の観光客が随時かつ快適に利用できる施設のことをいいます。
 
観光庁では、訪日外国人旅行者数4,000万人、6,000万人の実現に向けて、ソフト面・ハード面両面からの受入環境整備を通じた訪問時・滞在時の利便性向上を図ることを目的に、「観光拠点情報・交流施設」の取組に対する支援として、施設の整備・改良、設備の設置等に要する経費の一部について支援をします。

詳しくは観光庁ホームページで

http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000230.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です