車検証上の住所と現在の印鑑証明書の住所が異なる場合の書類

INDEX住所が異なる場合の書類

軽自動車廃車はこちらになります→軽自動車の買取に必要な書類
お車の車検証上の住所と現在の印鑑証明書の住所が異なる場合の書類
車検証上の住所と現在の印鑑証明書の住所が異なる場合の書類
車検証上の住所~現在の印鑑証明書は現在の住民票
車検証上の住所~2~現在の印鑑証明書は2で除票

車検証上の住所~2~3~現在の印鑑証明書は方法A=現在の住所と2で除票

若しくは方法B=本籍地で戸籍の附表

上記例より移転回数が多い方は戸籍の附表が良いかと思います
除票と戸籍の附表の注意点

除票は以前住んでいたという証明書になります、以前住所を置いた区市町村の役所で取得できます、除票の発行は住所転出より5年を過ぎると発行されません

除票にはこの除票の住所地に移転する前の住所と除票の住所地からの移転先住所が記載されています

戸籍の附表は本籍地で取得します、戸籍の附表には住所変更が全て記載されています、ただし本籍地の移動を行うと本籍地移動後の住所変更が記載され本籍地を移動する前は記載されていませんが以前の戸籍の附表も除票と同じく5年を過ぎるまでは発行されます、これは戸籍の附表とは言ないようです、各区市町村役所でお尋ねください
除票も5年過ぎ以前の戸籍附表も5年過ぎ書類が不揃いで証明できない場合は確認書という書式があり過去の住所を記載し、これを公的な住所変更の証明書の代わりに使用しますが、住所変更が発行可能な部分は公的証明書が必要です確認書はあくまでも公的証明できない住所になります
遠方の除票・戸籍の附表取得方法
除票・戸籍の附表はその役所へ電話すると郵送でも発行してもらえますので、該当する役所へ電話でお尋ねください、発行手数料の他に郵送費用(これは切手を貼った返信用封筒を同封の指示があると思います)も必要になります、費用は殆どの場合は定額小為替(日本ゆうちょ銀行の各窓口で作ってもらえますというか買えます)で発行申請書と共に郵送します、もちろん現金書留でも大丈夫と思います

関西・四国・東海・関東内の車引き取りはオートトレーダー&ヒキトリレンジャー、不動車は特にお任せください